会話は自分からしましょう。

初デートというものは、嫌でも緊張してしまうものです。それに、不安なこともたくさんあるでしょう。

その中でも不安なのが、会話ではないでしょうか。ちゃんと会話が続くだろうか、緊張せずに話せるだろうかなど、今まで出来ていたことでも、初デートというだけでこれでもかというほど不安になってしまいます。

私もそうでした。緊張しっぱなしで、会話が上手く続かず、気まずい時間が過ぎていきました。

それは相手も同じだったのか、話しかけてもくれませんでした。それなら、私が会話の主導権を握ろうと思ったのです。

向こうが話しかけてくれないなら、私が話しかけるしかないと思い、自分の話したいことを話し始めました。私の話していることは上手く伝わっているのだろうか、引いていないだろうかと不安でしたが、私の必死さが伝わったのか、彼も話してくれるようになりました。

自分頑張っているんだよと、アピールするわけではありません。ただ、彼にも喋って欲しいという想いからでした。
沈黙に耐えられなかったというのも否定はしませんが。

でも、彼のためにというのが伝われば、彼もそれに応えてくれると思います。倦怠期のカップルでは無く、まだ生まれたばかりのカップルなのですから。